スポンサーリンク

このブログでは卓球のことを書き綴ることが多いかと思いますが、卓球は全く関係ない芸能関係のことなども想いのままに書き綴る独り言ブログです。書いてることは個人的意見であることにご了承ください。

全日本卓球2018.5日目 世界ランク日本最高位の丹羽破れる。張本は勝ち抜け。

出典元:http://www.japantabletennis.com/AJ/result2017/timetable6.shtml?1516364122#



スポンサーリンク

どうも、管理人のまーくんです。

本日(1月19日)、全日本卓球選手権5日目で男女のシングルスのベスト8、男女のダブルスがベスト4まで決まりましたね。

 

個人的に丹羽孝希選手(スヴェンソン)が今日負けてしまったのがショックです(T_T)

(天才プレーをたくさん見たかった...)

 

5日目のその他の種目ももう少し詳しく見ていきましょう。

 


スポンサーリンク

水谷の凄さを感じられずにいられない...

先述した通り、今日行われた男子シングルスの5回戦にて、現時点世界ランク日本最高位の6位になっている丹羽孝希選手(スヴェンソン)が、吉田雅己(協和発酵キリン)に敗れました。

丹羽孝希 VS 吉田雅己

セットカウント
1-4

10-12
11-6
10-12
10-12
7-11

丹羽孝希選手は、去年は中国のキョキン選手に勝ったり中国選手とも接戦を繰り広げるほどの力を見せていて、国際大会でも安定した結果を出していながらも、まさかの5回戦敗退...

 

前日の4日目でスーパーシード選手の初戦敗退が多いことから見ても、以下に全日本選手権で勝ち続けていくことが難しいのかよく分かりますね。

全日本卓球2018.4日目 張本智和選手が圧倒的優勝(ジュニア)今日から本格的に熱を帯びてきた。

2018年1月18日

 

そんな中で、現在4連覇中で9回も優勝をしている水谷隼選手(木下グループ)。

今大会も待ち残りベスト8を決めています。

卓球 全日本選手権の過去の大会結果はこれだ!(種目別表示)

2018年1月14日

 

こんなに他の選手が、勝ち続けることに苦労している中これだけ常に結果を出すというのを見せられると、水谷選手の凄さを感じざるを得ません(゜o゜)

やはり日本の大エース。

今年も優勝して5連覇10度目の優勝を勝ち取るのでしょうか?

 

 

そして、スーパー中学生・張本智和選手(JOC エリートアカデミー)もベスト8進出を決めています。

張本選手はジュニア、混合ダブルスも出場していて、同時進行中の男子ダブルスでも勝ち残りベスト4を決めています。

本当に化け物染みてきたと感じますね...(良い意味で)

 

 

混合ダブルスで優勝した、森園政崇選手(明治大)は、メダル請負人と言われた元日本代表でメダル請負人とまで言われていた岸川聖也選手(ファースト)をストレートで破りベスト8を決めました。

森園政崇 VS 岸川聖也

セットカウント
0-4

11-5
11-8
11-6
11-5

試合後の森園選手のツイッターでのつぶやきを見て、岸川選手への感謝と尊敬の念を感じ、ちょっと感動しました(>_<)

https://twitter.com/MasaMezase/status/954312320326385669

 

他にも、森園選手と国際大会でダブルスを組んでいる(今大会は水谷選手とペア)、大島祐哉選手(木下グループ)。

神巧也選手(シチズン時計)、渡辺裕介選手(明治大)、松平賢二選手(協和発酵キリン)、松平健太選手(木下グループ)が、ベスト8を決めています。

準々決勝の組み合わせはこのページの最後にまとめてあります。

 

前回王者平野ヒヤヒヤ。石川、伊藤も8強入り

前回王者の平野美宇選手(JOCエリートアカデミー/大原学園)は、6回戦にて芝田沙季選手(ミキハウス)とフルセットのデュースであわやという展開でしたが、平野選手が勝利しました。

平野美宇 VS 芝田沙季

セットカウント
4-3

13-11
9-11
11-9
8-11
11-5
6-11
12-10

去年のアジア選手権でも中国選手をなぎ倒しにした底力を見た感じですね。

前々回準優勝、前回優勝していて、水谷選手同様負けないというところにも凄さを感じます。

 

 

混合ダブルスで優勝をした、伊藤美誠選手(スターツ)も勝ち残りベスト8を決めましたね(^_^)

女子ダブルスでもベスト4を決めており、今大会の調子の良さを伺えます(#^.^#)

3冠達成の可能性もあるので期待しちゃいます(>_<)

 

 

石川佳純選手(全農)は、平野選手、伊藤選手と共に女子卓球黄金世代の1人、早田ひな選手(日本生命)を4-1で退けベスト8進出を決めました。

石川佳純 VS 早田ひな

セットカウント
4-1

11-9
13-11
11-9
3-11
11-6

 

石川選手も、昨年は平野選手に負けて準優勝ではあったものの決勝まで勝ち残り、その前の年までは3連覇し4回の優勝を勝ち取っています。

男子の水谷選手同様に、負けずに勝ち残り続ける石川選手の凄さも感じざるを得ません(゜o゜)

 

 

女子シングルは、松澤茉里奈(十六銀行)、永尾尭子(アスモ)、佐藤瞳(ミキハウス)、石垣優香(日本生命)、森さくら(日本生命)が、ベスト8を決めています。

準々決勝の組み合わせはこのページの最後にまとめてあります。

 

まとめ

 

全日本卓球選手権2018も終盤戦に突入してきました。

ここで男女のシングルス、ダブルスの明日の組み合わせを見てみましょう。

男子シングルス準々決勝

  • 水谷隼選手(木下グループ) VS 神巧也選手(シチズン時計)
  • 松平賢二選手(協和発酵キリン) VS 松平健太選手(木下グループ)
  • 大島祐哉選手(木下グループ) VS 張本智和選手(JOC エリートアカデミー)
  • 森園政崇選手(明治大) VS 渡辺裕介選手(明治大)

 

松平賢二選手と松平健太選手の兄弟対決が気になりますね( ´艸`)

大島祐哉選手と張本智和選手は世界選手権の選考会の決勝と同カードなので、大島選手のリベンジなるか!?

 

女子シングルス準々決勝

  • 平野美宇選手(JOCエリートアカデミー/大原学園) VS 松澤茉里奈(十六銀行)
  • 永尾尭子(アスモ) VS 佐藤瞳(ミキハウス)
  • 森さくら(日本生命) VS 石川佳純選手(全農)
  • 伊藤美誠選手(スターツ) VS 石垣優香(日本生命)

 

男子ダブルス準決勝

出典元:http://www.japantabletennis.com/AJ/result2017/pdf/md.pdf

 

女子ダブルス準決勝

出典元:http://www.japantabletennis.com/AJ/result2017/pdf/wd.pdf

 

明日からは、テレビ放送も始まるので卓球ファンとしては見逃せないですね( `ー´)ノ

(私は仕事で見れません(T_T))

 

明日からの放送予定をこちらからチェックしておきましょう!

卓球 全日本選手権2018の組み合わせと放送日程(ライブ配信もあり)

2018年1月14日

 

全日本選手権2018も残り2日。

存分にトップ選手の試合を楽しみましょう\(^o^)/

 

 

スポンサーリンク









スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です