スポンサーリンク

このブログでは卓球のことを書き綴ることが多いかと思いますが、卓球は全く関係ない芸能関係のことなども想いのままに書き綴る独り言ブログです。書いてることは個人的意見であることにご了承ください。

卓球 全日本選手権の過去の大会結果はこれだ!(種目別表示)



スポンサーリンク

どうも、管理人のまーくんです。

 

全日本卓球選手権が始まる前に、これまでの大会結果をチェックしてみましょう。

 

種目別に表示させていきます。

 


スポンサーリンク

男子シングルス 全日本卓球選手権の過去大会結果

2017年

優勝:水谷隼(beacon.LAB)

2位:吉村和弘(愛知工業大)

3位:平野友樹(協和発酵キリン)

3位:吉田海偉(Global Athlete Project)

2017年 男子シングルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2016年

優勝:水谷隼(beacon.LAB)

2位:張一博(東京アート)

3位:笠原弘光(協和発酵キリン)

3位:吉村真晴(愛知工業大)

2016年 男子シングルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2015年

優勝:水谷隼(beacon. LAB)

2位:神巧也(明治大)

3位:岸川聖也(ファースト)

3位:丹羽孝希(明治大)

2015年 男子シングルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2014年

男子シングルス

優勝:水谷隼(DIOジャパン)

2位:町飛鳥(明治大)

3位:上田仁(青森大)

3位:吉田海偉(DIOジャパン)

2014年 男子シングルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

女子シングルス 全日本卓球選手権の過去大会結果

2017年

優勝:平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)

2位:石川佳純(全農)

3位:橋本帆乃香(四天王寺高)

3位:佐藤瞳(ミキハウス)

2017年 女子シングルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2016年

優勝:石川佳純(全農)

2位:平野美宇(JOCエリートアカデミー)

3位:加藤杏華(十六銀行)

3位:伊藤美誠(スターツSC)

2016年 女子シングルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2015年

優勝:石川佳純(全農)

2位:森薗美咲(日立化成)

3位:前田美優(希望が丘高)

3位:石垣優香(日本生命)

2015年 女子シングルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2014年

優勝:石川佳純(全農)

2位:森さくら(昇陽高)

3位:福原愛(ANA

3位:若宮三紗子(日本生命)

2014年 女子シングルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

男子ダブルス 全日本卓球選手権の過去大会結果

2017年

優勝:丹羽孝希/酒井明日翔(明治大)

2位:藤村友也/吉村和弘(愛知工業大)

3位:水谷隼/吉田雅己(beacon.LAB/愛知工業大)

3位:松山祐季/木造勇人(愛工大名電高)

2017年 男子ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2016年

優勝:水谷隼/吉田雅己(beacon.LAB/愛知工業大)

2位:松生直明/鹿屋良平(リコー)

3位:大島祐哉/上村慶哉(早稲田大)

3位:山本勝也/平野晃生(早稲田大)

2016年 男子ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2015年

優勝:森薗政崇/三部航平(青森山田高)

2位:岸川聖也/水谷隼(ファースト/beacon. LAB)

3位:張一博/高木和卓(東京アート)

3位:吉村和弘/平野晃生(野田学園高)

2015年 男子ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2014年

優勝:森薗政崇/三部航平(青森山田高)

2位:岸川聖也/水谷隼(ファースト/DIOジャパン)

3位:松平健太/丹羽孝希(早稲田大/明治大)

3位:上村慶哉/田添健汰(希望が丘高)

2014年 男子ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

女子ダブルス 全日本卓球選手権の過去大会結果

2017年

優勝:平田有貴/永尾尭子(アスモ)

2位:土田美佳/宋恵佳(中国電力)

3位:若宮三紗子/森さくら(日本生命)

3位:山本怜/明神佑実(中央大)

2017年 女子ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2016年

優勝:天野優/中島未早希(サンリツ)

2位:土井みなみ/土田美紀(中国電力)

3位:平野早矢香/石川佳純(ミキハウス/全農)

3位:池田好美/北岡エリ子(日立化成)

2016年 女子ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2015年

優勝:平野早矢香/石川佳純(ミキハウス/全農)

2位:阿部愛莉/森薗美月(四天王寺高)

3位:田代早紀/藤井優子(日本生命)

3位:中村薫子/市川梓(日立化成)

2015年 女子ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2014年

優勝:平野早矢香/石川佳純(ミキハウス/全農)

2位:中川博子/土田美佳(中国電力)

3位:田代早紀/藤井優子(日本生命)

3位:市川梓/中村薫子(日立化成)

2014年 女子ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

混合ダブルス 全日本卓球選手権の過去大会結果

2017年

優勝:田添健汰/前田美優(専修大/日本生命)

2位:吉村真晴/石川佳純(名古屋ダイハツ/全農)

3位:時吉佑一/藤井優子(ZEOS/愛媛銀行)

3位:横山輝/土田美佳(原田鋼業/中国電力)

2017年 混合ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2016年

優勝:田添健汰/前田美優(専修大/日本生命)

2位:宮本幸典/高橋真梨子(中央大/同志社大)

3位:千葉悠平/平真由香(埼玉工業大/正智深谷高)

3位:平野友樹 /鈴木李茄(協和発酵キリン/専修大)

2016年 混合ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2015年

優勝:吉村真晴/石川佳純(愛知工業大/全農)

2位:松平賢二/若宮三紗子(協和発酵キリン/日本生命)

3位:田添健汰/前田美優(専修大/希望が丘高)

3位:時吉佑一/山梨有理(ZEOS/ミズノ)

2015年 混合ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2014年

優勝:張一博/森薗美咲(東京アート/日立化成)

2位:吉村真晴/石川佳純(愛知工業大/全農)

3位:笠原弘光/笠原多加恵(協和発酵キリン/NTT東日本東京)

3位:松平賢二/若宮三紗子(協和発酵キリン/日本生命)

2014年 混合ダブルスの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

ジュニア男子 全日本卓球選手権の過去大会結果

2017年

優勝:木造勇人(愛工大名電高)

2位:宮本春樹(愛工大名電高)

3位:沼村斉弥(野田学園高)

3位:高見真己(愛工大名電高)

2017年 男子ジュニアの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2016年

優勝:木造勇人(愛工大名電高)

2位:緒方遼太郎(JOCエリートアカデミー/帝京)

3位:伊丹雄飛(野田学園高)

3位:張本智和(仙台ジュニアクラブ)

2016年 男子ジュニアの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2015年

優勝:及川瑞基(青森山田高)

2位:三部航平(青森山田高)

3位:伊丹雄飛(野田学園高)

3位:青山昇太(野田学園高)

2015年 男子ジュニアの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2014年

優勝:吉村和弘(野田学園高)

2位:酒井明日翔(JOCエリートアカデミー/帝京)

3位:村松雄斗(JOCエリートアカデミー/帝京)

3位:郡山北斗(関西高)

2014年 男子ジュニアの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

ジュニア女子 全日本卓球選手権の過去大会結果

2017年

優勝:笹尾明日香(横浜隼人高)

2位:長崎美柚(JOCエリートアカデミー)

3位:加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)

3位:早田ひな(希望が丘高)

2017年 女子ジュニアの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2016年

優勝:浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)

2位:橋本帆乃香(四天王寺高)

3位:梅村優香(四天王寺高)

3位:平野美宇(JOCエリートアカデミー)

2016年 女子ジュニアの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2015年

優勝:伊藤美誠(スターツSC)

2位:早田ひな(石田卓球クラブ)

3位:平野美宇(JOCエリートアカデミー)

3位:木村香純(ミキハウスJSC)

2015年 女子ジュニアの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

2014年

優勝:加藤美優(JOCエリートアカデミー)

2位:平野美宇(JOCエリートアカデミー)

3位:浜本由惟(JOCエリートアカデミー)

3位:阿部愛莉(四天王寺高)

2014年 女子ジュニアの組み合わせトーナメント表(結果が赤線で入っています)

 

まとめ

以上が、過去の全日本卓球選手権の大会結果でした。

 

男子シングルスは圧倒的に水谷隼選手が結果を残していますね。

 

ここに表示されていない過去の全日本選手権で優勝出来なかった2012年、2013年でも、決勝戦には進んで2位という結果。

(2012年の優勝は吉村真晴選手、2013年の優勝は丹羽孝希選手)

2~3位は毎回入れ替わっている中で、こうやって見るとやはり水谷選手の強さは圧倒的ですね(゜o゜)

 

 

女子シングルスは、2017年は平野美宇選手が優勝しましたが、その前の3大会連続で石川佳純が連覇しています。

2016年、2017年連続で決勝の対決は同カード。

この結果を見るとこの2選手が頭一つ抜けてるように見えます(゜o゜)

 

男子ダブルスでも、常にベスト4には名前が入る水谷隼選手のペア。

ダブルスの結果からでも圧倒的な存在感ですね(゜o゜)

 

女子ダブルスは2016年までは平野早矢香選手と石川佳純選手のペアが目立っていますが、2017年は平野早矢香選手が引退してペア解散したので完全に混戦模様ですね(゜o゜)

どうなるのか非常に楽しみです( ´艸`)

 

混合ダブルスは田添健汰選手と前田美優選手のペアが連覇中。

3連覇なるか!?

また、吉村真晴選手と石川佳純選手のペアも2014年準優勝、2015年優勝、2017年準優勝と常に安定した結果を出していますし(2016年は欠場)、国際大会でも結果を出していますので王座奪還するのかも気になるところ...

 

 

毎年気になる全日本卓球選手権。

今年はどんな結果になるのでしょう( ´艸`)

 

 

全日本卓球選手権2018の組み合わせと放送日程などはこちらでチェックできます。↓

卓球 全日本選手権2018の組み合わせと放送日程(ライブ配信もあり)

2018年1月14日

 

全日本卓球選手権2018の試合結果の速報は以下のページよりチェックできます。↓

全日本卓球選手権2018の結果速報ページ

2018年1月15日

スポンサーリンク









スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です