卓球が上手な人の共通点3選

その他

上手な人には共通点があります。しかも誰でもすぐに真似できることなのでぜひ読んでみてください。

卓球が上手な人の共通点その1

上手な人の共通点その1は”ラケットを軽く握っている”です。

握っているというよりは本当に軽く持っている、箸を持つのと同じ感覚くらい力は入れていないです。

まだあまり上手くないと言う人はラケットを強く握りしめている人が多いです。手指に力が入ると、指、手、腕、肩、体と全て筋肉は繋がっているので、末端に力が入っていれば当然筋肉を伝って体全体に力が入ってしまいます。

そうすると体全体が緊張状態になってしまうので、卓球の技術全般が伸び悩んでしまします。

上手い人はパッとラケットを引き抜かれたら、スポッと手からラケットが持っていかれるくらい軽く持っているのです。

卓球が上手な人の共通点その2

上手な人の共通点その2は”リラックスしている”です。

基本的に上手な人はリラックスしています。まだ、習い始めて間もない人や練習しているのだけど、なかなか上達しないという人に限ってとても力が入っています。

人間は慣れないことをすると卓球に限らず、力が入ってしまいます。そこを頑張ってリラックスを意識してみると上手な人へ1歩近づけます。

卓球が上手な人の共通点その3

上手な人の共通点その3は”あまりボールを見ていない”です。

意外かもしれませんが、上手な人は最後までボールを目で追っていません。

なぜかというと卓球はリターンが速いスポーツなので最後まで目で追いかけすぎていると、段々とボールに目が追いつかなくなって遅れてしまいます。

なので上手な人は勘で打っていることが多いです。まぁこれは言い方の問題で悪い言い方をすると勘で打っていますが、良い言い方をすると感覚で打っています。

もちろん見る余裕がある時はしっかりボールを見て問題ないですが、余裕がないのに無理にボールのスピードに目を追いつかせようとしなくて大丈夫です。

まだあまり上手くない人は1球1球全部しっかり見ようとしすぎているんですね。

ボールは自分に余裕がある時は見る。

余裕がないのに全部見ようとしなくていいのです。

まとめ

今日の3選はできている人にとっては普通の感覚なので、意外と気づかないポイントです。

なのでコーチや監督でさえ気付きにくいかなと思います。

しかし上手な人とそうでない人には明確な線引きがありこの線引きが今日の3選です。

今回紹介したものは明日からでもすぐに真似できるかなと思います。特にその1とその2は真似しやすいので是非、試してみてください。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました