ラリーが苦手な人の共通点

ラリー

ラリーが苦手な人の共通点を解説していきます。

効果的な練習方法も紹介していきますのでよかったら参考にしてみてください。

スイングが大きすぎる

ラリーが苦手な人の1つ目の共通点としては”スイングが大きすぎる”ということです。

例えば3球目攻撃をしたあとにラリーになるという展開はよくありますが、ラリーが苦手な人は自分が攻撃したあとも大きくスイングしてしまうので間に合わずにミスをしてしまします。

自分が攻撃して返ってきたボールというのは、割と強めのボールが返ってきます。そのボールにはすでにエネルギーが備わっているので、自分が大きくスイングせずともコンパクトなスイングでしっかり相手のコートに返ります。(もちろん3球目攻撃したあとにチャンスボールが返ってきたらしっかりスイングして強打してください。)

3球目攻撃など攻めるボールはしっかりスイングしてラリーはコンパクトにするとメリハリがついてラリーが続けられます。

戻りが遅い

ラリーが苦手な人の2つ目の共通点は”戻りが遅い”ということです。

”ニュートラルが遅い”とか”構えが無い”という表現も意味としては全く同じです。

要は自分が打ったボールを眺めてしまい、動きが止まっている時間があるんですね。

これは初心者・中級者によくある現象で筆者も経験しました。

なぜか入ったかどうか眺めているんですよね(笑)

その間にボールがこちらに返ってきているので当然間に合いません。

卓球はリターンが速いスポーツなので眺めている時間はありません。

自分のボールが入ったかどうか最後まで確認したい気持ちは分かりますがなるべく目でボールを追いすぎないようにしましょう。

 

ガチガチに力が入っている

ラリーが苦手な人の3つ目の共通点は”力みすぎている”ということです。

体に力が入っている状態では素早く動くことが出来ません。

そう、もっと力を抜いてください。

これ以上力を抜いたらやる気あるのかって怒られるんじゃないかってくらいリラックスです。

ラリーが苦手な人はガチガチに力が入っているので素早い動きも出来なければ、相手の動きを見るなんて余裕もないです。

卓球に力はほとんど要らないです。(オリンピック目指すとかなら話は別)

その証拠に小さな子供が大人に勝ったり、女性が男性に勝ったりと明らかに筋力で劣っているほうが勝ったりするので卓球というスポーツにおいては力はそんなに重要ではないです。

特にラリーが苦手な人は1度騙されたと思って力を抜いてやってみてください。

ラリーが上手になる練習方法

球出し 1分もしくは1箱で交代

①から⑦になるにつれ段々と難易度が上がっていきます。初めから全部は難しいと思うので①から徐々にチャレンジしてみてください。

①バック2本フォア1本

➁バックに2本もしくは3本、フォア1本

➂オール

④フォアドライブ

⑤バックドライブ

⑥フォアドライブして3本オール

⑦バックドライブして3本オール

1球

1球練習でも上記のメニューを練習すれば今よりもラリーが出来るようになると思います。

1球練習は続かないことが多いので役割分担を決めて練習しましょう。

役割分担とは「練習する人」と「出しの人」を決めることです。

「練習する人」とは動く人のこと。上記①の練習をするならば、バック、バック、フォアの繰り返しで動いて打つ人のこと。返球するコースは出しの人のバックにのみ。

「出しの人」とは相手の要望があったコースにコントロールして返してあげる人のこと。上記①の練習をするならば相手のバック、バック、フォアに延々返してあげます。その代わり出しの人は動かないのでバックにのみ返してもらうようにしましょう。

これで練習する人と出しの人の役割をきっちり分けることで無秩序だった練習にもメリハリがつきます。

もちろん10分交代などで役割を交代しましょう。

読んでくれてありがとうございました!

ご質問などありましたらお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました