粒高が苦手な人がやりがちなこと3選

粒高

粒高とやりたくないなぁ~、苦手なんだよなぁ~という人は是非この記事を参考にしてみてください。

記事の最後に番外編でチームに粒高がいない人向けの練習方法もご紹介するので番外編だけみたいという人は前半は読み飛ばしてください。

※粒高に上回転(順回転ともいう)を出せば下回転が返ってくるという前提で記事を読んでください。

粒高が苦手な人がやりがちなこと3選

その1 複雑なサーブを出している

粒高に対して横回転などの自分でも今のサーブは何回転だったんだろう?のような

複雑なサーブを出していませんか?

複雑なサーブは複雑なレシーブが返ってきます。

なので自分が出したサーブのあとに回転が分からず、運よくラリーを続けられても結果的にミスをしてしまうパターンが多いです。

これが初心者・中級者によくみられる現象です。

解決策としては単純なサーブを出してみるということです。

例えば粒高の人に対して長い下回転を出します。(短いのは危険なので長めで)

そうすると返ってくるのは上回転(順回転)です。

これが頭に入っていればそのボールを狙い撃ちすることができます。

粒高に下回転を出したら何がどう転んでも次に返ってくるのは上回転(順回転)なので

このボールを狙って強打してみてください。

粒高の人は下回転がきたらツッツキで返すことができないラバーなので

そこを逆手にとって狙い撃ちするとシンプルな戦い方ですが頭が混乱しなくていいと思います。

なので粒高が苦手という人ほど単純なサーブを出してその次のボールを狙う

というシンプルな戦い方を意識してみてください。

その2 相手のバック側にばかりボールを集めている

基本的に粒高の人はバックを得意としています。

なので粒高と対戦するときはフォア側を狙うのがセオリーとされています。

しかし、粒高が苦手な人は返すことで精いっぱいなのでコースまで頭が回らず相手の得意なバックにばかりボールを集めてしまい、いいようにされてしまい更に苦手意識が強くなる悪循環に陥りやすくなっています。

ここを脱却するための解決策としてよく言われるのがフォア側を狙うです。

なので粒高とやるときは今までよりもフォア側を責めるということを意識してみてください。そうすると今度は粒高が得意としていたバック側に空きができるので、その時にバック側を攻めるととても有利な展開になります。

おすすめとしては「サーブからフォア側を狙う」です。

ラリー中は一生懸命なのでコースを振り分ける余裕が無くても、サーブでフォア側を狙えば自然と相手のバック側が空いてきます。

ここで「あれ?粒高といってもシェイクでフォア側は普通の裏ラバーで攻撃してくる人に対してフォア狙ったら全部打たれるのでは?」と疑問に思った人もいると思います。

粒高といってもペンフォルダーで粒高の人もいますし、シェイクでフォア側は攻撃でバック側だけ粒高を貼っている人もいます。

特にシェイクでフォア側は攻撃、バック側は粒高という人に対してフォア側にやってもいいの?という疑問が出てきます。

答えはイエスです。

なぜならわざわざ自分の苦手なラバーの方にボールを集める必要はないからです。

もちろん攻撃はされるのは承知で狙います。

攻撃はされますが、裏ラバーなので粒高のように回転が分からないということはないかと思います。

またこのタイプの粒高であればその1で良くないとされていた複雑なサーブを出しても裏ラバーでレシーブしてくれるので横回転なども出してみてもいいかと思います。

長いサーブがいいか短いサーブがいいかは状況によるのでまずは一旦出してみて、点数が取れたらそれを続ければいいです。

こうして相手のフォア側にボールを集めていくと

段々と相手の意識もフォア側にくるので、バック側が空いてきます。

もちろんフォア側に出すのはリスクもありますし、勇気もいります。

甘いサーブではもちろん打たれて終わりですので。

ですが粒高が苦手なのにあえてその苦手なほうのラバーばかりにボールを集める理由はありません。

もちろん、ペンホルダーで粒高というタイプの人は往々にしてバックを得意としているので躊躇なくフォア側を狙ってください。

このペンホルダーで粒高であれば多少サーブが甘くなっても攻撃されることは少ないので。

あとは余裕がある人はラリー中にフォア側を攻めてみてもいいと思います。

余裕がなさそうだという人はまずはサーブを相手のフォアに出して、そのあとも相手のフォア側をメインに攻めて、たまにバック側にやるという意識でやってみてください。

その3 浅めのボールが多い

これは回転が分からなくなって入れるだけの返球になると、自然と浅めのボールが多くなってしまうからです。

粒高に浅いボールをやってしまうと良くないので、なるべく深いボールで返球しましょう。

このときにボールのバウンドが高くなっても全然OKです。

むしろバウンドの高いボールは粒高は苦手なので、深くて高いボールは粒高は嫌がるでしょう。

粒高は守備に徹したラバーなので、攻撃できそうなボール(バウンド高め)のほうが打ちにくいのです。

実際に筆者が中学1年生くらいの頃(粒高苦手時代)にこの戦法を使っていました。

どうやるかというとサーブを台に打ち付けるような感じでして、超バウンドの高いサーブを出す。です。

ボテンボテンどころかバインバインくらい本当にバウンドのたっっっかいサーブを出していました。(たまに普通のも出す)

中学生レベルだったら意外と効きました。

あとで聞いてみると、バウンドが高すぎてライジング(ボールが台についた直後の打点)をとることが出来なくて取りずらかったとのこと。

1試合中に1,2本くらいお試しで出してみてもいいかもしれません。

番外編

チームに粒高がいないと練習したくてもできないですよね。

しかし物事は工夫次第で何とでもなりますから諦めず粒高を攻略していきましょう。

3つご紹介するので一番取り入れれそうなものから参考にしてみてください。

①球出し

➁チームメイト同士で苦手な戦型の役をする

➂粒高のいるチーム・学校に行かせてもらう

まず①は同じチーム内でできると思います。球出しがチームの練習メニューにない場合はコーチや監督にお願いしてみましょう。

球出しはボールを出す人も若干技術が必要ですが、これも練習になるので無駄にはなりません。球出しのメニューの一例だけご紹介するのでよかったら参考にしてみてください。

①球出し練習メニュー例

・自分のバック側に交互に上回転、下回転と出してもらう。→とにかく上回転、下回転、上回転、下回転。。。(繰り返し)というリズムに慣れる。返球はバック、ツッツキ、バック、ツッツキ。。。(繰り返し)まずはこのリズムに慣れることが大切。

・自分のフォア側に交互に上回転、下回転と出してもらう。→フォア、ドライブ、フォア、ドライブという形かもしくは、フォア、ツッツキ、フォア、ツッツキで返球する。

・自分のバック側に下回転。そのあとフォアかバックどちらかに上回転。→バックでツッツキをしたあとにくる上回転を強打する練習。

➁チームメイト同士で苦手な戦型の役をする

チームにいない戦型を練習するときはお互いにその戦型の真似をして互いに補い合うということです。

チームメイトが粒高の練習するときは自分が粒高のラケットを握って相手をしてあげる。(あまり入らないと思いますが、遊び程度でもやっていれば何球か入るようになります)

今度、自分が粒高の練習をしたときはチームメイトにお願いして粒高役をしてもらう。

ただし、これは粒高のラケット&ラバーが必要になってきます。

自分の苦手な戦型を自分もやってみることでこのコースはやりにくいなとか、

このボールは取りにくいなとか粒高の気持ちが分かるようになるので

粒高を攻略するためにはいいかもしれません。

ただ、やりすぎて先生に怒られないようにしてください。

➂粒高のいるチーム・学校に行かせてもらう

これは先生や監督にお願いしたり、皆さんのお住いの地域にも卓球クラブはあると思うので可能な範囲で練習試合や練習に参加させてもらう方法です。

夜の時間帯など社会体育などで練習している社会人の人やママさん達の中で粒高を貼っている人もいるかもしれないので、そういったところに参加してみるのもいいかと思います。

このコロナ渦のなかでは他の学校・クラブに行きづらいと思いますが、練習方法やアイディアは無限にあるのかなと思います。

この記事が皆さんの上達に少しでも役立つことができたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました