レシーブが苦手な人の共通点

レシーブ

レシーブが苦手な人によくある共通点を解説していきます。

ラケットを動かしすぎている

レシーブが苦手な人はボールがきたらものすごくラケットを動かしています。そうすると、一体自分のラケットの面ががどんな角度でボールに触れたのかが分からないので、結局最後まで回転が分からずに試合終了という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

なので、そうゆう時はまず1球捨てる覚悟で真っ直ぐな面でボールにラケットを当ててみてください。そうすれば、下回転であればネットに引っかかるし上回転であればオーバーします。自分から見て右側(相手が右利きで相手のバック側)にオーバーしたならそれは右横回転ですし、自分から見て左側(相手が右利きで相手のフォア側)にいったならそれは左横回転です。

真っ直ぐ当てるとかなり正しい情報が入ってくるので、そこから少しずつ面を合わせるということです。

なので、分からないサーブがきたら勇気を持って真っ直ぐ当ててみましょう。そうすることでかなり正しい情報が得られます。自分でもどんな角度でボールに触れたのか分からないと、正しい情報が得られないので最後までサーブが取れなかったということが起きます。

プロでも初めて対戦する相手に対して序盤はレシーブミスをすることもあります。なのでレシーブミスをすることはプロでも起こりうるので、それ自体は悪いことではありません。ただ上手い人やプロは序盤は取れなくても、中盤・終盤になるときっちり対応するのです。これは上手い人だけができるのではなく記述したやり方を守れば初心者、中級者の人でもできます。

それでは次項では真っ直ぐ当てたあとの具体的なレシーブのやりかたについて解説します。

具体的なレシーブのやりかた

※前提として下回転はツッツキで、上回転はバックハンドで返せる人を対象。サーブは全て自分のバック側にきたと想定。

真っ直ぐ当てたら相手のバック側に大きく外れた(フォアサーブ、右横回転サーブといいます)

まずは右横下回転からいきましょう。右横下回転は上回転なのか下回転なのか、この2つに大まかに分けると右横下回転なので下回転です。下回転はツッツキで返球できます。なのでいつも通りツッツキで返球すればいいです。ただこのときに1点注意なのが何も考えないで相手のバックにツッツキをすると、大きく相手のバック側に飛び出てしまいます。なので例えば自分が相手のバック側にツッツキで返球したいなら、相手のミドルくらいにツッツキで返球するとちょうど相手のバックにボールがとんでいきます。

それでは次に右横上回転です。右横上回転は上回転なのか下回転なのか、この2つに大まかに分けると右横上回転なので上回転です。上回転はいつも基本練習などでしているバック(ショート)で返球できます。ただ、ここでも上記の注意点が当てはまって相手のバック側に返球すると相手のバック側に大きく飛び出てしまうので、相手のミドルくらいを狙っていつもしているバックで返球すればちょうど相手のバックにボールがいきます。このときオーバーすることもあるかもしれませんが、その時はラケットの面を少しかぶせればよいです。

問題は右横下なのか右横上なのか分からないよ!というところだと思います。見分ける方法はいくつかありますが、一番分かりやすいのはサーブのスピードが速ければ上回転で少し遅ければ下回転です。もちろん万人に当てはまるわけではないですが、中級者レベルくらいまでならこのサーブのスピードが速ければ上回転 ・遅ければ下回転という法則は当てはまります。

真っ直ぐ当てたら相手のフォア側に大きく外れた(バックサーブ、左横回転といいます)

ここは簡単に説明していきます。左横下回転は大まかに分けるなら下回転か上回転か?といことですが、左横下回転なので下回転ですね。なのでツッツキで返球できます。ここでの注意点はそのまま何も考えずに相手のバックに返球するとちょうどミドルにボールが飛んでいってしまうので相手から打たれる可能性が高くなります。相手のバック側に返球したい場合は、しっかりと相手のバック側のサイドを狙って返球しましょう。もしかしたらバックサイドをきってアウトするかもくらいでちょうどいいと思います。なので、フォアに返したい時は、ミドルを狙って返すと相手のフォア側に飛んでいきます。

だんだんと左横上回転はどうすれば良いか予測がついてきたのではないでしょうか?左横上回転は大まかに分けると上回転です。なのでいつも基本練習でやっているようなバックで返球することができます。狙いどころは上記と同じで、相手のバック側に返球したいなら、相手のバックサイドを狙っていつものバックで返球。相手のフォア側にやりたいなら、相手のミドルくらいを狙ってバックで返球するとちょうど相手のフォア側にボールが飛んでいきます。

まとめ

レシーブが苦手という人は単純な下回転や上回転なら取れるけど、横回転がくると急に取れなくなるという人が多いです。横回転も最初は難しいですが、大まかに下回転なのか上回転なのかだけ頑張って判断すれば後はツッツキかバックで対応することができます。分からないサーブが来るとつい手を出して大きく動かしてしまいがちですが、ここを1球我慢して真っ直ぐ当ててみるとそのサーブが何回転だったのかを知ることができます。そしたら、次にどうやって返球すればいいかを考えましょう(言うは易しはご了承ください。。)

最後に大事なことですが見落としがちなことをお伝えします。レシーブも練習をしなければできるようにはならないということです。当たり前ですがレシーブが苦手ならレシーブの練習をしなければ上達はしません。サーブから3球目攻撃など、サーブからの展開を練習することはあっても、レシーブを練習することが少ないと毎回ぶっつけ本番になってしまうのでレシーブ練習を取り入れた練習をするなど工夫して苦手を克服していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました