レシーブが苦手な人の共通点とレシーブの考え方

レシーブ

レシーブが苦手な人の最大の共通点を解説していきます。

といってもサーブの種類なんて沢山あるので大まかな解説になります。

どちらかというと考え方や練習方法のほうがタメになるかもしれないので、サクッと練習方法を知りたいという人は中身は共通点のところは読み飛ばしてください。

ラケットを動かしすぎている

レシーブが苦手な人の最大の共通点は”ラケットを動かしすぎている”です。

ラケットを動かしまくっていると正直どのサーブも取れません。

なぜレシーブで動かしすぎると入らないかというと、基本的にはレシーブはサーブと同じ面を作ればほぼ返るのですが

ラケットを動かしすぎると自分でもどんな面でボールに触ったか分からないので、サーブと同じ面を作れない確率が高くなるので結果ミスとなります。

そして、これはどんなサーブに対しても言えることです。

速いサーブに対しても、回転が強いサーブに対しても、回転が全く分からないナニコレサーブに対してもラケットを動かしすぎて入っていない人がとても多いです。

え?でも上手い人は振っても入ってるし、みんなチキータとかでバンバン振ってるじゃんって思われる人もいるかもしれませんが

それはキチンとしたステップを踏んで、なおかつ本番で出せるように練習を積み重ねたからです。

「キチンとしたステップ」をここでは優先順位という名前で説明します。

ステップを理解して、その順序通りに練習をするとレシーブが得意になるので、少しだけお付き合いいただけたらと思います。

レシーブの優先順位(考え方)

レシーブの時に頭に入れておくのが優先順位です。

その優先順位は3つあります。

第一優先が「とにかく返す」→高かろうが打たれようがとにかく返す

第二優先が「強打されないように返す」→低く返す、厳しいコースに返す

第三優先が「攻撃的なレシーブ」→レシーブで点数を取る、あとの展開を有利にする

どんなサーブが来てもこの優先順位は変わりません。

多くの人がやりがちなのが第一優先のレシーブが出来ていないのに第二優先をやろうとしてミスする、第二優先が出来ていないのに第三優先をしてミスするといったようにステップを飛ばしてしまうとレシーブミスが多発してしまいます。

もちろんどのサーブに対しても第三優先でいければ怖いものなしですが、まずは第一優先と第二優先をきっちりできるようになるというレベルを目指すことが先決です。

第一優先と第二優先ができればかなり試合になるので、まずはそこを目指して第三優先はこの2つが大体できるようになってからでもいいと思います。

それではこの優先順位を頭に入れて、レシーブ練習のやり方を見ていきましょう。

レシーブ練習のやり方

実はレシーブ練習もやりだすとかなり時間がかかるので、下のメニューを短縮したり、

今日はレシーブ練習だけなど時間の工夫をしてやってみてください。

それでは第一優先(とにかく返球)のレシーブ練習から。

第一優先は「とにかくどんなボールでも入ればよし」です。

下のメニューのサーブを出してもらってとにかく浮いてもいいので10球中10球返球できるように練習してみてください。

①下回転サーブを自分のバック側に出してもらう

➁速いスピードサーブを自分のバック側に出してもらう

➂右横下サーブ(フォアサーブの横下)を自分のバック側に出してもらう

④右横上サーブ(フォアサーブの横上)を自分のバック側に出してもらう

⑤左横下サーブ(バックサーブの横下)を自分のバック側に出してもらう

⑥左横上サーブ(バックサーブの横上)を自分のバック側に出してもらう

⑦自分の苦手なサーブや、試合でよくミスをするサーブを相手にお願いして、似たようなサーブを出してもらう

次に第二優先は強打されない」のレシーブの練習方法です。

10球中8球入るように練習してみてください。

①下回転サーブを自分のバック側に出してもらう
→打たれない程度のツッツキで返す。例えば切って返す、深いところを狙う、フォアの厳しいコースを狙うなど。

➁速いスピードサーブを自分のバック側に出してもらう
→強打されない低さで返す。

➂右横下サーブ(フォアサーブの横下)を自分のバック側に出してもらう
→打たれない程度のツッツキで返す。例えば切って返す、深いところを狙う、フォアの厳しいコースを狙うなど。

④右横上サーブ(フォアサーブの横上)を自分のバック側に出してもらう
→強打されない低さで返す。

⑤左横下サーブ(バックサーブの横下)を自分のバック側に出してもらう
→打たれない程度のツッツキで返す。例えば切って返す、深いところを狙う、フォアの厳しいコースを狙うなど。

⑥左横上サーブ(バックサーブの横上)を自分のバック側に出してもらう
→強打されない低さで返す。

⑦自分の苦手なサーブや、試合でよくミスをするサーブを相手にお願いして、似たようなサーブを出してもらう
→低さとコースを意識してチャンスボールのようなレシーブがいかないように。

最後に第三優先は「攻撃的なレシーブ」の練習です。

10球中8球入るように。

①下回転サーブを自分のバック側に出してもらう
→攻撃的なレシーブ。バックドライブやバック強打で返球。(ペンは回り込んで強打)

➁速いスピードサーブを自分のバック側に出してもらう
→攻撃的なレシーブ。バックで強打。

➂右横下サーブ(フォアサーブの横下)を自分のバック側に出してもらう
→攻撃的なレシーブ。バックドライブやバック強打で返球。(ペンは回り込んで強打)

④右横上サーブ(フォアサーブの横上)を自分のバック側に出してもらう
→攻撃的なレシーブ。バックで強打。

⑤左横下サーブ(バックサーブの横下)を自分のバック側に出してもらう
→攻撃的なレシーブ。バックドライブやバック強打で返球。(ペンは回り込んで強打)

⑥左横上サーブ(バックサーブの横上)を自分のバック側に出してもらう
→攻撃的なレシーブ。バックで強打。

⑦自分の苦手なサーブや、試合でよくミスをするサーブを相手にお願いして、似たようなサーブを出してもらう
→強打。そのレシーブで決めるつもりで。

初めにお伝えしたようにこの①~⑦のサーブを第一優先から第三優先までしたら、かなり時間がかかります。しかもサーバーとレシーバーを交代したら2倍時間が必要です。

なので第三優先は後回しでいいと思います。

まずは第一優先と第二優先が出来るようになることが大切です。

↑上でご紹介したレシーブ練習は基本的には自分のバック側にサーブを出してもらう設定です。

しかし、フォア前やフォアに長いサーブがくることもあるので、それも練習しなければいけません。

ただ初心者のうちはバック側にサーブがくることが多いので、まずはバック側にきたサーブを第一優先・第二優先で返球することが時間の無駄が少ないと思います。

フォア前のレシーブのコツはまた記事にしていけたらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました