スポンサーリンク

このブログでは卓球のことを書き綴ることが多いかと思いますが、卓球は全く関係ない芸能関係のことなども想いのままに書き綴る独り言ブログです。書いてることは個人的意見であることにご了承ください。

卓球ルールを簡単に覚えよう②ネットインとマナーの関係

出典元:http://pingponglady.com/goods/rubber/201/



スポンサーリンク

どうも、管理人のまーくんです。

 

・卓球の試合で、ネットに当たって相手のコートに入った場合はどうなるの?

 

なんていう疑問も、卓球をやったことのない方なら持つかと思います。

今回はネットインに関してのルールをお伝えしたいと思います(^_^)

 


スポンサーリンク

卓球のネットイン サーブの場合

サーブのネットインに関しては、以下の記事でも書いています。↓

卓球ルール【サーブ編】簡単に分かる5つのポイント

2017年12月29日

 

こちらの記事に書いている、サーブのネットインに関しての内容は以下の物です。

・ネットインした場合は「レット」と言って、もう1度やり直しです。
(何回レットになっても失点することはありません。)
(ネットを超えずに相手のコートにバウンドしない場合は失点となります。)

つまり
「ネットインはやり直しだから、何回したって気にするな!」
ってことです(^_^)

 

卓球のネットイン ラリー中の場合

卓球でラリー中にネットに引っかかって相手のコートに入った場合は、そのままラリーが継続されます。

 

サーブのネットインはやり直しになりますが、ラリー中は継続なのでネットに引っかかって起動が変わってしまったボールも頑張って取らなければなりません(T_T)

なかなかネットインしたボールを取るのは難しいんですよね(ノД`)・゜・。

 

自分の打った球がネットインして、自分の得点になった場合はラッキー♪って思いますよね?

ですが相手はアンラッキーだし、イレギュラーなことですので、卓球の暗黙のマナーとして、ネットインして自分の得点になった時は「すみません」と一言謝るのがマナーとなっています。

 

ネットイン以外でも、エッジ(卓球台の角)にボールが入った場合も、軌道が変化しイレギュラーな軌道になります。

(ネットインよりも取るのが難しい)

 

なので、ラリー中のネットイン同様に、エッジに入って自分の得点になった場合も「すみません」と一言謝るのが卓球の暗黙のマナーとなっています。

 

心の中ではネットイン、エッジはラッキーと思ったとしても、ルール上は問題なくてもマナーを守って気持ちよく卓球を楽しみましょう(#^^#)

 

卓球ではバッドマナーとされると失点になる

卓球には「バットマナー」というシステムがあります。

ネットインやエッジで一言謝るのはマナーというか習慣的な側面が大きいのですが、バッドマナーのシステムは違います。

 

バッドマナーとは・・・

選手だけではなく、監督やベンチも含めて、対戦している相手に対して不当な影響を与えたり、観客に不快感を与えるような行為をした場合にバッドマナーとして注意されます。

 

最初は注意で済んだりしますが、何度も続く場合はイエローカードが出され、それでも続くとレッドカードとなり1点失点となります。

 

大きな試合でないと正式な審判が付かないので、レベルの高い大会でなければなかなかバットマナーは適用されないです^_^;

 

卓球のネットインとマナーのまとめ

今回はそんなに難しくはなかったと思います(^_^)

 

・サーブのネットインはやり直し。

・ラリー中のネットインはラリー継続

・ラリー中のネットインで得点になった時は一言謝るのがマナー(エッジの場合も同様)

・「バッドマナー」というシステムが卓球にはあるため、酷い場合は失点となる。

 

ここだけ抑えておけば、お互い気持ちよく卓球が出来ると思います(*´▽`*)

 

ルールに関しては、続いて以下の記事もお読みください。

卓球ルールを簡単に覚えよう①点数やタオルが使えるタイミング

卓球ルールを簡単に覚えよう③ノーバウンドで打つはOK?NG?

卓球ルール【サーブ編】簡単に分かる5つのポイント

卓球ルール【ダブルス編】サーブの順番や対角線に注意

 

 

最短で卓球が上手くなりたい人へ、今最も売れている卓球教材。

出典元:卓球ジュニア選手育成プログラム ~試合で勝ちたいジュニア選手や親御様へ、ジュニア卓球に特化した指導法~【加藤雅也 監修】

 

このプログラムは画像のように子供の方はもちろん、大人で卓球を始めた人、卓球の指導者のために開発されたプログラムです。

日本代表の経験を持つプロ指導者「加藤雅也」先生が卓球上達の極意をこれでもかというぐらい詰めこんでくれています(^_^)

 

内容がかなり濃いのにも関わらず、さらに分からないことは「加藤雅也」先生が直接メールでアドバイスしてくれます!

しかも、回数制限もないのでかなりお得ですね(*´▽`*)

 

お金がかかるから不安という方でも、180日間の返金保証付きなので安心ですね。

 

今、最も売れている卓球の教材です!

詳しい教材の中身や、購入した生徒の声、実際のメールサポートの内容はこちらからご確認できます(^_^)

スポンサーリンク









スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です