スポンサーリンク

このブログでは卓球のことを書き綴ることが多いかと思いますが、卓球は全く関係ない芸能関係のことなども想いのままに書き綴る独り言ブログです。書いてることは個人的意見であることにご了承ください。

卓球ルールを簡単に覚えよう③ノーバウンドで打つはOK?NG?

出典元:https://youtu.be/jk67qf1UaGU



スポンサーリンク

どうも、管理人のまーくんです。

卓球はテニスみたいにノーバウンドでも打っていいの?っていう質問が卓球未経験の方からたまにあります。

 

確かにテニスはOKですもんね^_^;

 

では卓球はどうなのでしょうか?

 


スポンサーリンク

卓球でノーバウンド返球はルール上NG

結論から言えば卓球でノーバウンドで打つはNGですので、それをやってしまうと失点となります。

必ず、自分側のコートにワンバウンドしてからボールを打つようにしてください。

 

しかし、ちょっとここで勘違いされやすい点があるので少し詳しく説明しますね(^_^)

ポイントは卓球台の中なのか?外なのか?というところです。

 

卓球台の外ならノーバウンドで打ってもルール上OK

ノーバウンドで打つと失点になると先述しましたが、それは卓球台の中で打った場合です。

相手の打ったボールが卓球台の中に入らずに、アウトとなるボールを卓球台の外で打つのは、その時点で相手の失点が確定しているのでボールを打っても問題ありません。

 

ここもテニスと違うところですね(^_^)

テニスの場合は、ノーバウンドの返球がルール上OKなので、コート外でバウンドしない限りアウトは確定しません。

なので、コートの外でノーバウンドで打った場合はそのままラリーが継続されます。

 

しかし、卓球の場合はノーバウンドの返球がルール上NGなので、自分側のコートにバウンドせずにノーバウンドで台の外に出た時点で、相手のアウトが確定。

なので、台の外であればノーバウンドで打ったとしても、その時点で相手の失点となりラリーも継続しません。

 

台の中でノーバウンドで打つのは、まだ相手の球がアウトになるかどうかが確定していないのに打ってしまっているため、失点となるんですね^_^;

 

ノーバウンドではなく「ゼロバウンド」はOK

ちょっとノーバウンドとは違いますが、相手コートでバウンドしない「ゼロバウンド」という状況がたまぁに起きます^_^;

 

実は卓球はネットを超えて相手のコートにバウンドさせるというルールの中に、「ネットの上」という決まりはないんですね( *´艸`)

なので、ネットの下や横から相手のコートに入れるものアリなんです( `ー´)ノ

 

もちろん、滅多に起きることはないですがこれが起きた時はバウンドしないので、ほぼ間違いなく相手は取れないですwww

以下に、ゼロバウンド返球の動画があるので参考までにご覧ください(^_^)

 

 

ノーバウンドに関しての卓球ルールまとめ

簡単に済ませてしまえば

「卓球台の中でノーバウンドで打つのは失点、卓球台の外でノーバウンドで打つのは相手の失点確定なので問題ない」

というところですね(^_^)

 

ゼロバウンドに関しては、私も試合で何度かやったことがあるんですが、超気持ちいいですよ( *´艸`)

もちろん狙って出来る事ではないですが、出来た時は全力でドヤ顔しましょうwww

(ドヤ顔は対戦相手にはしないようにしてください)

 

ルールに関しては、続いて以下の記事もお読みください。

卓球ルールを簡単に覚えよう①点数やタオルが使えるタイミング

卓球ルールを簡単に覚えよう②ネットインとマナーの関係

卓球ルール【サーブ編】簡単に分かる5つのポイント

卓球ルール【ダブルス編】サーブの順番や対角線に注意

 

 

最短で卓球が上手くなりたい人へ、今最も売れている卓球教材。

出典元:卓球ジュニア選手育成プログラム ~試合で勝ちたいジュニア選手や親御様へ、ジュニア卓球に特化した指導法~【加藤雅也 監修】

 

このプログラムは画像のように子供の方はもちろん、大人で卓球を始めた人、卓球の指導者のために開発されたプログラムです。

日本代表の経験を持つプロ指導者「加藤雅也」先生が卓球上達の極意をこれでもかというぐらい詰めこんでくれています(^_^)

 

内容がかなり濃いのにも関わらず、さらに分からないことは「加藤雅也」先生が直接メールでアドバイスしてくれます!

しかも、回数制限もないのでかなりお得ですね(*´▽`*)

 

お金がかかるから不安という方でも、180日間の返金保証付きなので安心ですね。

 

今、最も売れている卓球の教材です!

詳しい教材の中身や、購入した生徒の声、実際のメールサポートの内容はこちらからご確認できます(^_^)

スポンサーリンク









スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です