サーブミスが多い人の共通点

サーブ

サーブミスが多い人の共通点とミスが少なくなるコツを解説します。

第1バウンドの位置がバラバラ

サーブミスをしないコツはとにかく第1バウンドを安定させることです。ここさえ間違わなければ格段にサーブミスは減ります。今回は図を使って解説していきます。

まず下図の緑色のように長いサーブを出したいときは第1バウンドは自分のコートのエンドライン近くに落とさないといけません。ピンクが自分だと思ってください。↓

そして短いサーブを出したいときはオレンジ色のようにネット付近に第1バウンドを落とすようにします。↓

これが混ざると途端にサーブミスが増えます。長いサーブを出したいのにネット付近に第1バウンドを落としてしまったり↓

逆に短いサーブを出したいのに自分のエンドライン付近に第1バウンドを落としてしまったりするとサーブミスのオンパレードです。↓

サーブミスが多い人は長いサーブを出したいのにネット際に落としてしまったり、逆に短いサーブを出したいのにエンドライン近くに落としてしまったりするのでミスが多くなってしまいます。

サーブミスを無くし、良いサーブを出すためにはとにかく第1バウンドを自分の思ったとおりにすることです。

サーブはついつい相手コートのほうに意識がいってしまいがちですが、第1バウンドさえ間違えなければミスも減るし、良いサーブがいくようになります。ミスが多いという人は第1バウンドに気をつけてやってみてください。

まとめ

レシーブのときもこれが頭にあると、相手のサーブがバウンドした時点で大体長いサーブか短いサーブか判断できます。

上手になってくるとこれを逆手にとってエンドライン付近に第1バウンドが落ちたにも関わらず短いサーブを出す人や、長いのも短いのも全く同じところにバウンドさせる人もいますがそのような人たちも基本が出来てからの応用なので、まだミスが多いという人は兎にも角にも第1バウンドに気をつけてやってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました