スポンサーリンク

このブログでは卓球のことを書き綴ることが多いかと思いますが、卓球は全く関係ない芸能関係のことなども想いのままに書き綴る独り言ブログです。書いてることは個人的意見であることにご了承ください。

初心者でも超簡単!卓球のサーブで回転をかける為の打ち方のコツ



スポンサーリンク

どうも、管理人のまーくんです。

 

・サーブに回転をかけたい!

・色んな回転のサーブを出した!

・だけど回転のかけ方が分からない(T_T)

 

初心者の頃はそんな悩みもあるかと思います。

僕も卓球を始めた中学1年生の頃、回転がかけれなくて悩んだ時期がありました^_^;

 

だけど大丈夫です!

キチンとした理論を理解したうえで、打ち方のコツを覚えれば、あとは練習をすることで基本的にどんなサーブでも回転をかけられるようになります!

 


スポンサーリンク

卓球で回転がかかる理論

ラバーとボールの摩擦

ラバーは和訳にした通り、「ゴム」です。

ゴムなので滑りにくいため、ボールがラバーに引っかかります。

その引っかかった摩擦によってボールに回転がかかります。

 

回転をかけたい方向に向かってボールをラバーに引っ掛ければその方向に回転がかかります。

 

例えば、横回転をかけたい場合は以下の図の様にラケットを動かし、ボールとラバーを引っ掛けます。

この様に回転をかけたい方向へラケットを動かしながら、ボールをラバーに引っかけることで回転がかかります。

なので、下回転をかけたいのであればラケットを地面と平行になるような角度にしてラケットを対戦相手の方向へ動かすことで下回転がかかります。

 

卓球を始めたばかりの初心者の方や、回転をかけるのが苦手という方は「ボールがラバーに引っかかる感覚があまりないと思います。

 

卓球は感覚のスポーツでもあるので、この「引っかかる」という感覚が回転をかけるためにはかなり重要です。

 

ですが、安心してください(^_^)

この「引っかかる」という感覚を養うための練習は自宅でも簡単にすることが出来ます。

以下の動画の「玉突き」をやることで、引っかかるという感覚を身に付けられますよ(*´▽`*)

 

動画のタイトルが「高度な玉突き」となっていますが、練習すれば全然出来るようになるので、感覚を養うために練習してみてください。

 

スイングスピードが速い方が回転がかかる

ボールとラバーが引っかかる摩擦で回転がかかるので、その引っかかる瞬間のスピードが速い方が回転がかかります。

逆に言えばラケットを動かすスピードが遅ければ回転はかかりにくいです。

 

なので、回転をかけたい場合はボールが当たる瞬間のラケットのスイングスピードを早くしましょう。

 

サーブで回転をかける打ち方のコツ

回転がかかる理論が分かったところで、その理論を基にサーブで回転をかけるコツを覚えましょう。

ここで伝えるコツは、先述した理論の内、回転をかけたい方向へラケットを動かしながら、ボールをラバーに引っかけるという点に関しては共通しています。

なので、スイングスピードを上げるのか?という理論に関してのコツとなります。

 

手首を使ってラケットを動かす

回転をかけるには手首を使う必要があります。

手首を使うことでラケットの動きが以下の図の様に変わります。

手首を使うことで、ラケットの先端が円を描くように動くことにより、遠心力が生まれます。

遠心力を利用することで、スイングスピードが増し回転がかかりやすくなります。

 

試しに自分でラケットを手首を使わずに動かしたときと、手首を使って動かしたときのスイングのスピードを比べてみてください。

必ず手首を使ったときのがラケットのスイングスピードは速いはずです(^_^)

 

ペンの場合は手首を使いやすいですが、シェークの場合は普通に握っていると手首を使いにくいです。

なので、シェークの場合はサーブの時だけ少し握り方を変えると手首を大きく使えるようになります。

トップ選手も、よく見るとサーブの時にラケットの握りを変えています。

 

握り方は人それぞれですが、私のサーブ時の握り方を参考までに載せておきます。

 

握るときのイメージは、親指と人差し指で支えるイメージです。

 

グリップは握りません。

 

この様に握ることで、グリップが手首に引っかかることなく、大きくラケットを動かすことができるので遠心力をより利用することが出来ます。

 

ラケットの先端にボールを当てる

遠心力を使うと先述しましたが、遠心力をより効果的に利用する為に、サーブでボールを打つ際にはラケットの真ん中ではなく、先端で打つようにしましょう。

 

ただし、先端と言っても本当に先っぽの方に当てるのはミスが出やすいため、真ん中よりも少し先端方向にズラしたあたりをイメージしてください。

(以下の図参照)

 

最初は力を抜いて、当たる瞬間に力を入れる

一定の力で振り切るよりも、一瞬だけ力を入れる方がスイングスピードは速くなります。

また、最初に力を抜いた状態から、ギュッ!と力を入れることでラケットの重さがあるため自然と手首が動きます。

 

試しにやっていただくと実感が出来ると思いますが、自分で意識して手首を動かしてみてください。

その次に、力を抜いた状態から、ギュッ!と力を入れてみてください。

 

ギュッ!と力を入れた時に自然と手首が動くのと、力を入れた瞬間の方がスイングのスピードが速いことが実感できるかと思います(^_^)

このギュッ!と力を入れた瞬間にボールを打つことで強く回転をかけることが出来ます。

 

卓球のサーブで回転をかけるコツのまとめ

いかがでしたでしょうか?

回転をかかるのは摩擦を利用しているので、その摩擦を大きくするためにスイングスピードを上げる。

 

そして、そのスイングスピードを上げるためには

 

・手首を使って遠心力を利用する。

(シェークの場合は握りも変える)

・ラケットの先端でボールをあてて遠心力を大きくする。

・最初に力を抜いた状態から、ギュッ!と力を入れてスイングスピードを上げる。

 

これらを意識すれば、回転をかけるということは出来るかと思います(^_^)

 

回転をかけながらサーブを入れる練習

回転がかけられても、サーブが入らなければ意味がありません。

逆にサーブを入れようとすることで回転量が落ちて過ぎてしまっても意味がありません。

 

回転をかけながらもサーブを入れる練習方法はこちらの記事で紹介しているので是非ご覧ください(^_^)↓

卓球の下回転サーブがかからない人へ。【かけ方のコツと練習法】

2018年1月8日

 

 

最短で卓球が上手くなりたい人へ、今最も売れている卓球教材。

出典元:卓球ジュニア選手育成プログラム ~試合で勝ちたいジュニア選手や親御様へ、ジュニア卓球に特化した指導法~【加藤雅也 監修】

 

このプログラムは画像のように子供の方はもちろん、大人で卓球を始めた人、卓球の指導者のために開発されたプログラムです。

日本代表の経験を持つプロ指導者「加藤雅也」先生が卓球上達の極意をこれでもかというぐらい詰めこんでくれています(^_^)

 

内容がかなり濃いのにも関わらず、さらに分からないことは「加藤雅也」先生が直接メールでアドバイスしてくれます!

しかも、回数制限もないのでかなりお得ですね(*´▽`*)

 

お金がかかるから不安という方でも、180日間の返金保証付きなので安心ですね。

 

今、最も売れている卓球の教材です!

詳しい教材の中身や、購入した生徒の声、実際のメールサポートの内容はこちらからご確認できます(^_^)

スポンサーリンク









スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です